ニッポンのワザドットコムとは_伝統工芸など「ものづくり」の職人になる、学校情報掲載

ニッポンのワザドットコムとは

ニッポンのワザドットコムは、世界に誇れる「日本の技」の“魅力と現状”を独自の視点でレポートしながら、「日本の技」を後世に伝えるための“学びの情報”を分かりやすく伝えることを目的としています。運営は学校や企業から本サイトへの広告出稿で成り立っています。詳しくはこちらをご覧ください。

日本のワザとは

ニッポンのワザドットコムが考える「日本の技」とは、日本が世界に誇る“ものつくり”や“ことつくり”の技です。 日本人が長い年月の間、磨きをかけながら受け継いできた「知恵」「手先の器用さ」そして「感性」により生み出される“もの”や“こと”は、私たちの日常生活を今も支えています。また多くの「日本の技」は、世界の人々が注目し認めてもいます。
しかし、世界に誇るべき「日本の技」は、今、深刻な後継者不足という問題を抱えています。ニッポンのワザドットコムでは、 「日本の技」を“世界に誇ることのできる技”と捉えると同時に“後継者不足に直面する技”と捉え、その継承と発展を支援 しています。
現在、ニッポンのワザドットコムが考える「日本の技」は、以下の6つのカテゴリーに分けられます。

  • [1.工芸] [2.建築] [3.芸能] [4.食] [5.農林水産] [6.工業]

掲載学校の種類

ニッポンのワザドットコムが情報を掲載している学校は、以下の5 種類です。

  • 1. 大学・短期大学
  • 2. 専修・専門学校および各種学校
  • 3. 高等専門学校
  • 4. 高等学校
  • 5. 職業能力開発校
  • 6. 各種団体による養成機関
職業能力開発校について

職業能力開発校には、国、都道府県、市町村が職業訓練を行うために設置する公共の施設と、都道府県知事に認定された民間の施設(認定職業能力開発施設)があります。
職業能力開発校の対象者は、中学・高等学校を卒業した「学卒者」のほか、職業経験のある 「離転職者」「在職者」まで含みますが、ニッポンのワザドットコムでは、主に「学卒者」を対象とした職業能力開発校を掲載しています。

公共職業能力開発施設
(国、都道府県、市町村が設置)
認定職業能力開発施設
(事業主が行うもので都道府県知事が認定)
学卒者のための公共職業能力開発施設
  普通課程 専門課程 応用課程
期間 1~2 年間 2 年間 2 年間
対象者 中学・高等学校卒業者など 高等学校卒業者など 専門課程修了者など
実施施設 職業能力開発校 職業能力開発大学校 職業能力開発短期大学校など 職業能力開発大学校など
目的 地域の実情に応じ、地域産業に必要な多様な技能・知識を労働者に養成 高度なものづくり人材を育成するため、技術革新に対応できる高度な知識・技能を兼ね備えた実践技能者を養成 高度な技能・技術や企画・開発能力などを習得し、生産技術・生産管理部門のリーダーとなる人材を養成
訓練時間 中卒者など (2,800 時間以上/1年につき概ね1,400 時間) 高卒者など (1,400 時間以上) 2,800 時間以上/1 年につき概ね1,400 時間 2,800 時間以上/1 年につき概ね1,400 時間
訓練科 OA 事務科、機械加工科、自動車整備科、木造建築科 など 生産技術科、電子技術科、情報技術科、住居環境科 など 生産機械システム技術科、建築施工システム技術科 など
受講料 各都道府県にお問い合わせください 390,000 円 (1 年間/雇用・能力開発機構実施分)
※別途入学金169,200 円が必要
390,000 円 (1 年間/雇用・能力開発機構実施分)
※ 別途入学金169,200 円が必要

このページのトップへ